男性と女性

色の情報の共有化の為に

色の情報の共有化は難しいです。なぜなら、色の判断は人の目による主観で行われていることが多いからです。この問題を解決する為に、モノづくりの現場では色差計が使われていることが多いです。これにより色の情報を数値化する事ができます。

色見本

色の管理で困ったとき便利

色差計を導入することで、製品の規格基準を数値として管理することができるようになります。これは、明確な基準を提示し、取引先を安心させるこトができるだけではなく、社内の管理にも大きな成果をもたらす可能性があります。

男の人

必要な企業が導入する

色差計は特殊な職種で使われることがあります。分かりにくい微妙な色味も正確に判別できるすぐれものです。そのため、印刷関係や出版関係などで使われることが多くなっています。価格は全体的に高めです。様々な商品を比較しましょう。

レディ

微妙な色の違いを見分ける

色差計は、ものづくりにおいて製品の色彩の均一化を図るために欠かせない計器となっています。日常では微妙な色の違いを気にすることはあまりありませんが、工場内では今日も色差計が製品の品質管理を行っています。

色見本

測定環境を整えよう

色差計は人間の目に見えている色を測定しそれを数値化する為の道具です。測定できる物は固形の物だけでは無く粉状の物も測定する事できます。この際には表面の密度を一定に保つ努力を行わなければいけないので注意しましょう。

導入の準備

カラーチャート

業者に相談

得意先から製品の色調について指摘を受けることが多く、さらに自社基準が官能検査、つまり検査者の感覚に頼っている場合には、機械での測定を検討してみる価値があります。一度決めた製品の色規格は、サンプル品を保存して比較することもできますが、製品の色が徐々に変化するような場合には、正確に比較することはできません。こうした場合、客観的な数字としての記録が残る色差計による計測数値を残しておくことで、毎回正確な検査判定を行うことができます。色差計は、検査室に設置するような卓上型のものから、持ち運びも便利な携帯用のものまでそろっており、状況に応じて選ぶことができるようになっています。この色差計を製造販売しているメーカーのホームページには、色差計の原理の説明が行われており、色差計の測定数値の概念を知ることができます。3次元の空間のある一点を対象物の計測結果としてあらわすことができるようになっており、それぞれの軸ごとに色の傾向が決められています。色差計は、一度製品規格を入力しておけば、その後の計測数値とボタン一つで比較することができ、色差として示すことができます。この色差計メーカーと連絡を取りたい場合には、まずはホームページから問い合わせをすることで、その購入方法を知ることができます。また、どの機種を選定すればよいか、についても相談することができ、使用状況を説明することで、最適な一台を紹介してくれるだけでなく、デモ機の貸し出しを行っている場合もあります。