測定環境を整えよう

色見本

正確な数値を出す方法

色差計は色を数値化する際に使用する道具で原理としては人間の目と同様に赤、緑、青といった3刺激を測定し数値化する為の物です。その中で色を測定する際に重要な属性があります。それは色相や明度、彩度の3つです。色相とは通常の「青」等の色の事を指します。次に明度は色の鮮やかさを表す際に使用しこの明度が高くなると白色に近づいていきます。彩度は色の鮮やかさを表した物です。色差計はこういった細かい色を数値化する為の道具です。主に色差計を使用し数値化した際に表示される物はマンセル色相環で表示されます。人の目には同じ様な色に見える色でも色差計を使用する事でより細かく判別する事ができます。誰かに色を細かく伝える際にも色差計で測定した数値を伝える事でよりシビアに伝える事ができます。色差計は個体の物に限らず粉状の物まで測定する事ができます。その際には粉の密度により測定値の内容は変化します。それを防ぐ為には表面等を一定の保つ工夫をしなければいけません。模様がある物に関してはできるだけ模様が大きい部分を測定する事で安定した数値を出す事ができます。真っ白な紙に使用する際には光が通過して透けない様に十分な枚数を重ねる事が重要です。この時、紙が光によって透けてしまうと背景の色を考慮した数値を測定してしまいます。背景の影響を受けない為には黒い板を背景に付けて測定する事も有効な手段です。温度によって色の数値も変化するので注意しましょう。