色の管理で困ったとき便利

色見本

基準を明確に示せます

色に関して基準を決めようとしたときには、色見本と言われる各種の色を紙に記したものが使用されることも多いものですが、実際の製品の色とは微妙にニュアンスが違っていることも多くあります。その色の再現性を考えた場合には、そこに主観の入らない客観的な数値データとして残しておくことが重要です。そのためには、まずはその対象物を正確に計測することが必要になり、その時に使用したいのが色差計です。色差計は、対象物の表面に光を当て、その時発生する反射光をとらえ、比較して数値換算しています。すべてのものが持っている吸光度と呼ばれる、光の要素を吸収する性質を利用しており、そのものの持つ独自の色として計測することが可能になっているのです。また、光を透過するものについても、専用のアダプターを利用することで、同じ仕組みで計測が可能になっており、扱う製品に適した方法を採用することができるようになっています。色差計は、その対象物の色を数値で表すことができるため、色に関する製品規格を決めるときに、数値規格として、範囲を設定することができます。これは、得意先を安心させることができるばかりではなく、自社製品の各工程のパラメーターの管理にも役に立てることができます。これにより、製造機器の気が付かない不具合や、原料の変化などをいち早く察知することができるなど、色差計の導入が製品レベルの向上にも役立つ可能性を持ち合わせています。